記事詳細

【永田町・霞が関インサイド】米中間選挙の最終情勢 トランプ氏、民主党への攻撃激化 上院は共和党、下院は民主党が優勢か (1/2ページ)

 6日に実施される米中間選挙について、新聞各紙が報道・指摘していないことを紹介する。

 まずは結論から。上院(100議席のうち35議席が改選)は与党・共和党が多数党を維持。下院(435全議席が改選)は野党・民主党が多数党を奪回-である。

 ドナルド・トランプ大統領の選挙後の政権運営を考えると、上院での“勝ち方”が重要である。

 米調査会社リアル・クリア・ポリティクスの直前予測は、共和党50議席、民主党44議席、接戦6議席である。だが、筆者が信頼する選挙予測の専門家の情報を総合すると、共和党54議席、民主党46議席だ(現有・共和51、民主49)。

 ポイントは、苦戦とされたテキサス州のテッド・クルーズ、テネシー州のラマー・アレクサンダー両共和党現職が終盤、トランプ氏の強力なテコ入れによって議席維持を確実にしたことだ。

 加えて、改選議席35のうち、民主党現職が26人であり、そのほとんどの州で、トランプ氏が2016年大統領選で、ヒラリー・クリントン候補に大差をつけて勝利している。

 よく話題となるのが、大統領弾劾決議だ。下院で過半数賛成・訴追後、上院で有罪の判決には3分の2の賛成が必要だ。共和党が多数派である限り、トランプ大統領弾劾にリアリティーはない。

関連ニュース