記事詳細

自民・後藤田正純氏また女性スキャンダル “結婚詐欺”で民事訴訟 文春報道

 女優、水野真紀(48)の夫として知られる、自民党の後藤田正純衆院議員(49)=徳島1区=に、また「女性スキャンダル」が直撃した。15日発売の週刊文春が「結婚詐欺で訴えられた」と報じたのだ。後藤田氏側は全面否定し、法廷闘争を宣言した。

 同誌によると、女性実業家のAさんは今月初め、東京地裁に1100万円の損害賠償を求める訴状を提出した。後藤田氏とは昨年8月、フェイスブックで知り合い、翌日、後藤田氏の誘いでホテルで会い、「男女の関係」となったという。

 後藤田氏は「君を一生大事にする」「五年もしたら石破(茂)内閣になる」「自分も自動的に内閣に入り、後藤田、小泉進次郎(衆院議員)の時代になる」「必ず総理大臣になるから、ずっと一緒に側にいて〈後藤田正純を内閣総理大臣にした女〉という本を出版して」と話したという。

 今年5月ごろから、後藤田氏とのやり取りが途絶え、「弄ばれた」と感じたAさんは弁護士に依頼し、今回の訴状提出につながった。

 後藤田氏は2011年にも、銀座ホステスとの“不倫”が報じられた。

 夕刊フジの取材に対し、後藤田氏の代理人弁護士は「事実無根の訴えと考えている。裁判において粛々と対応していく」とコメントした。

関連ニュース