記事詳細

【親も知らない今どき入試】来年入試の人気学部ランク 「ビジネス学べる国際系」が急上昇 (1/2ページ)

 今週は、進学校825校の進路指導教諭が予測する「2019年入試の人気学部」ランクを紹介したい。学部リストの中から人気になりそうな学部を選んでもらい、それを割合の高い順に並べた。

 2015年から始まった文系学部の人気が高く、理系学部の人気が低い“文高理低”の傾向は来年も続きそうだ。大手予備校の入試担当者は「すでに出願が始まっている推薦、AO入試でも文系学部の人気が高くなっています。文系人気の理由は、卒業生の就職が好調だからです。受験生にとっての景気回復は、卒業生の就職が良くなることです」という。今年卒業した大学生の実就職率(就職者数÷<卒業生数-大学院進学者数>×100)は556大学平均で89%の高率だ。リーマン・ショックによる不況により、2011年には73・8%だったときと比べて、15ポイント以上もアップしている。これはひとえに、文系学部の出身者の就職が改善したからに他ならない。

 来年入試での人気学部でも、トップは2年連続で経済になった。2位は国際系、3位は経営で、以下、看護、情報、商と続いた。就職に強い商・経済・経営系が、来年入試でも人気を集めそうだ。

関連ニュース