記事詳細

日産、強硬策で「ルノー株」買い増しか 浮かび上がる両者の“思惑” 牛島信氏「ホワイトナイト登場なら混迷深まる」 (1/3ページ)

 対立は長引きそうだ。日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の逮捕を受けて、日産、仏ルノー、三菱自動車の3社連合のトップが協議に入る。資本構成を見直したい日産と維持したいルノーの溝は深く、「妥協は困難」との見方も。企業法務に詳しい弁護士で作家の牛島信氏は、日産のルノー株買い増しや、対抗するルノーの日産株公開買い付け(TOB)、さらにはホワイトナイト(白馬の騎士)の登場など激しいバトルに突入する可能性もあると指摘する。

 アライアンス(3社連合)による協議は、統括会社があるオランダ・アムステルダムで日本時間の29日夜に開かれる見通しだ。日産の西川(さいかわ)広人社長(65)と三菱自の益子修最高経営責任者(CEO、69)はインターネット中継で参加するとみられ、ルノーからはティエリー・ボロレCEO代理(55)が出席予定だ。ゴーン容疑者不在のなか、今後の連合のあり方の見直しも議題に上りそうだ。

 その際には資本構成が重要となるが、現時点でルノーは日産に対し43・4%を出資するのに対し、日産は15%しかルノー株を持っておらず、議決権もない状態だ。

 ただ、日産とルノーの間には「改定アライアンス基本合意書(RAMA=ラマ)」という協定があり、ルノーは日産の合意がなければ日産の株を買い増せない。これに対し日産は、ルノーの筆頭株主であるフランス政府などから経営干渉を受けたと判断した場合、ルノーの合意がなくてもルノーの株を買い増せるという取り決めがある。

関連ニュース