記事詳細

金正恩氏が「継母」に加えていたひどい仕打ち (1/2ページ)

 韓国紙・中央日報(WEB日本語版)は22日、北朝鮮の内部事情に精通した韓国政府当局者の話として、故金正日総書記の第4夫人説がささやかれていた金オク氏について管理所(政治犯収容所)に収監されていることが確認されたと伝えた。

 この当局者は、「さまざまな情報を総合した結果、金オク氏が張成沢(チャン・ソンテク)事件に関わって2014年に政治犯収容所に送られたと結論付けた」としている。また、彼女の生死については「現在、生きていることを把握している」と述べているが、管理所は「地獄の一丁目」とも言われる残酷かつ劣悪な施設だ。金オク氏が生きているとしても、相当に酷い目に遭っていると思われる。

 改めて説明するまでもないことだが、金正日氏は金正恩党委員長の父である。金正恩氏の実母である高ヨンヒ氏は2004年に死去しており、つまり金オク氏は彼にとって「継母」のようなものだ。金正恩氏は、父のハデな女性遍歴に嫌悪感を抱いていたとも言われる。

 (参考記事:金正日の女性関係、数知れぬ犠牲者たち

 金正恩氏にも「パーティー狂い」の噂が出たこともあったが、李雪主(リ・ソルチュ)夫人のほかに愛人がいるという情報は出ていない。

 (参考記事:北朝鮮「秘密パーティーのコンパニオン」に動員される女学生たちの涙

 金オク氏は、2012年7月までは、金正恩氏の現地指導に同行していた。前年12月に金正日氏が死去してすぐ、権力から遠ざけられたわけではないのだ。

デイリーNKジャパン

関連ニュース