記事詳細

過去最多160隻!『北の漂着船』激増の謎 「1000人の犠牲者」はどこに消えたのか? (1/2ページ)

 日本海沿岸で、北朝鮮からとみられる木造船の漂流・漂着が止まらない。今年はすでに160隻を超え、過去最多となっただけでなく、このままのペースでは、年内に200隻を突破しそうなのだ。経済難による食糧難を補うため、無理な漁をしているとの見方もあるが、東海大海洋学部の山田吉彦教授(56)は「北朝鮮が意図的に密入国者を送り込んでいる可能性もある。警戒を最大限に強化すべきだ」と語っている。

 海上保安庁によると、今年確認された漂流・漂着件数は、統計を取り始めた2013年以後、最多だった昨年(104隻)を超え、11月29日現在で163隻。漂着先は、北海道から兵庫県まで広範囲にわたる。

 海保の担当者は「今年は年明けから日本海がしけた。秋には台風が日本に上陸後、日本海に抜けたのも、増えた一因だろう」と分析した。

 だが、山田氏は、漂着数の割に、遺体発見が少ないこと(=今年は5件で12人)や、無人島や人目に付かない場所に流れ着く事例も目立つことを疑問視し、次のように語る。

 「漂着件数からすれば年間1000人規模の犠牲が出ているはず。日本海中央部の大和堆(やまとたい)など、イカ釣りの好漁場があったとしても、そんな危険を毎年、北朝鮮の漁民がおかすとは考えにくい。一体、どこに消えたのか?」

 山田氏が9月、青森県で確認した漂着船に謎解きのヒントがありそうだ。エンジンルームが居住空間に改造されており、当初から「日本への侵入が目的だったのでは」と疑われたのだ。

関連ニュース