記事詳細

【朝日新聞研究】日テレ「イッテQ」は“断罪”も、テレ朝「相棒」では“火消し”? 問題放送への違いに違和感 (1/2ページ)

★(4)

 週刊文春の調査報道によって、高視聴率を誇る日本テレビの看板番組「世界の果てまでイッテQ!」に“やらせ疑惑”が浮上した。タレントの宮川大輔さんが世界の祭りに挑戦する企画で、ラオスの「橋祭り」が実際には存在せず、番組がつくったものだったという。

 文春の発売(11月8日)直後、新聞各紙やテレビ各局も後追いしたが、朝日新聞の報道ぶりは極めて熱心であった。

 9日は第二社会面のカタ、10日は第三社会面のトップ、15日は第二社会面のトップ、16日は文化・文芸欄でトップ、同じ16日に第二社会面のトップ、17日は社説、同じ17日に第二社会面のトップ(いずれも朝刊)といった具合である。

 日本テレビに対する追及の態度も厳しく、産経新聞が「やらせ疑惑」と表現するのに対し、朝日新聞は「でっち上げ疑惑」と表現している。

 17日の社説「イッテQ疑惑 放送への信頼傷つけた」では、冒頭で「人気のバラエティー番組にいったい何があったのか。すみやかに真相を明らかにして、社会に報告する責任がある」とし、「娯楽の要素が強いバラエティー番組は報道と違う、多少の演出は必要だ、という声もある。だが、『ない』ものを作り出して『ある』とする行為は、公共をになう放送番組として許されない。(中略)日テレ自身のコメントにあるように『猛省』が必要だ」と“断罪”している。

 この騒動と重なるように、テレビ朝日の人気刑事ドラマ「相棒 シーズン17」に問題が発覚する。11月7日の放送で、薬物依存症の女性が人を殺害するシーンが流れたが、その演出に対する厳しい批判である。

関連ニュース