記事詳細

「無法韓国には怒りの行動を」日韓議連の訪韓に合わせ竹島近海で訓練 松木國俊氏「いつまでもナメられるだけ」 (2/2ページ)

 文氏は「司法の判決は三権分立の中で尊重しなければならないが、未来志向の日韓関係を大事にしながら政府内部で(対応を)協議している」と語ったという。対応策を打ち出す時期や方向性には言及しなかった。

 ただ、額賀氏は文氏と笑顔で握手するなど、「日本人の怒り」が伝わったかは怪しい。そもそも、客(=代表団)を招いておいて、ツバを吐きかける(=海軍訓練)ような野蛮国家と「未来志向」などあり得るのか。

 前出の松木氏は「日本の怒りを伝える具体的行動を起こすべきだ。日本国内にある韓国企業の資産の差し押さえや、日本からの部品・素材提供の停止などの強硬策を、日本側も真剣に考えるときがきた。そうまでしないと相手は分からない」と語った。

関連ニュース