記事詳細

「韓国大統領機」が米の制裁対象に 北訪問で180日間の訪米禁止、G20出席時の経由地も変更 (1/2ページ)

 「史上最悪の米韓関係」を象徴する出来事といえそうだ。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の専用機が、ドナルド・トランプ米政権の対北朝鮮制裁の対象となり、180日間訪米できなくなっているというのだ。朝鮮日報(日本語版)が13日に報じた。11月末にG20(20カ国・地域)首脳会議出席のためアルゼンチンを訪れた際には、当初予定されていた米国ではなく、チェコを給油などの中継地としていたという。

 同紙によると、専用機が制裁の適用を受けたのは、9月の南北首脳会談の際、文氏の北朝鮮訪問に使用されたため。トランプ大統領は昨年9月、「北朝鮮に行ったすべての飛行機は、それから180日間以内に米国に入れない」という内容の北朝鮮独自制裁に署名していた。

 南北首脳会談直後、文氏は国連総会や米韓首脳会談のため、米ニューヨークを訪問したが、その際には「制裁の例外」を認めてもらう手続きを取っていた。

 ただ、「このような制裁免除手続きは1回ではなく、訪米のたびにする必要がある」(外交消息筋)という。このため、G20首脳会議でアルゼンチンを訪れたときには、米ロサンゼルスを経由する予定を変更し、チェコとしていた。

 文氏のチェコ訪問については、当時、同国のミロシュ・ゼマン大統領が海外訪問中で不在だったため、韓国メディアから訝しむ声が出ていた。

関連ニュース