記事詳細

【プーチンの国より愛を込めて】強くて可愛い!? プーチン大統領の“伝説”あれこれ (1/2ページ)

■ロシア医大生シンガー、ジュリア・ミント

 ドブラヴィーチェル、親愛なる日本の皆様!

 第2回目はわが国の象徴、ウラジミール・プーチン大統領について私たち一般市民が知りうる事をお話しいたします!

 彼の肖像画はロシアの国旗とともに、国有企業や私企業の部門長クラスのオフィスの壁に飾られています。さらには、私たちの伝統的なマトリューシュカやバーニャ(ロシア式サウナ)で被る帽子にまで描かれています。

 日本の皆さんもご存じの通り、彼にはいくつかの伝説があります。私たちロシア国民の間でも、“プーチン大統領伝説”が時々噂になったりします!

 例えば、彼には数十人の影武者がいて、その影武者たちは様々な状況下で大統領の役割を果たす、という伝説です。ですが、このような考え方は普通過ぎて、国民の間ではあまり信じられていません。

 もっと深く掘り下げる人々は、何年も前から彼のクローン人間がロシアの科学者によっていくつか作られていて、その仕事を完成させた後に、仕事を請け負った会社の社長や科学者たちは消えた(怖)、なんて言ってます!

 それよりも、大統領はボトックス注射を含めた簡単な整形手術を受けたので、外見が変わったように見える、という説が一般的には信じられています。

 ともかく、彼が本当にタフで強いということは、多くのロシア市民に知られています。彼の行動や強さを、ムジークと呼ばれた、ソ連時代の田舎のタフな農民に重ね合わせる国民もいます。

関連ニュース