記事詳細

「昭和大藤が丘病院」で入院中乳児をうつぶせ放置、脳死状態に… 昭和大「詳細は答えられない」 (2/2ページ)

 昭和大のホームページによると、昭和大は1980年に日本初の口唇口蓋裂医療チームを設置。2017年には昭和大藤が丘病院内に「口唇裂口蓋裂センター」を設置するなど、口唇口蓋裂治療のパイオニアとして治療・研究を続けてきた。

 乳児をうつぶせの状態で放置することは「寝返りが十分にできなければ、窒息の危険性があることは、この時期の乳児に携わる医療人としては認識しておくべき基本的なことだ」と病院関係者は指摘する。

 昭和大は夕刊フジの取材に「問い合わせの内容に一致するとみられる事例はあるが、患者の個人情報に関わるので詳細は答えられない」と回答した。

関連ニュース