記事詳細

【永田町・霞が関インサイド】マティス氏の後任「本命・対抗・穴」は誰? (1/2ページ)

 暮れも押し迫った昨年12月20日、「トランプ政権唯一の良識派」と言われたジェームズ・マティス国防長官(退役海兵隊大将・68歳)が、2月末に辞任すると表明した。

 ドナルド・トランプ大統領に提出したマティス氏の辞表には、以下のように記されている。

 「同盟諸国に敬意を払い、悪意に満ちた者や戦略的な競争相手に注意を払うべきという私の考えは、こうした問題に取り組んだ私の40年以上の経験に基づき、培われたものです」としたうえで、次のように結ばれている。

 「あなたは、これらの点について、あなたの考えにより近い人物を国防長官に据える権利があります。だから、私は身を引くときだと考えています。私の任期は2019年2月28日とします」

 ところが、トランプ氏は昨年12月31日付でマティス氏を退任させ、パトリック・シャナハン国防副長官(56)を長官代行に起用した。

 では、一体誰が「あなたの考えにより近い人物」なのだろうか。

 今、米ネット・ニュースや新聞、雑誌が報じる後継候補は7人いる。

 ジャック・キーン元統合参謀本部副議長(退役陸軍大将。75歳)。保守系FOXニュースに出演し、「国防費削減反対」を主張してタカ派ぶりを発揮している。

 トム・コットン共和党上院議員(アーカンソー州選出。41歳)。上院軍事情報委員会所属。ハーバード大学ロースクール卒業で、イラク、アフガン帰還兵でもある、若き保守派のスーパースター。

関連ニュース