記事詳細

文大統領が年頭会見 徴用工問題で日本批判「日本の指導者が政治争点化」

 韓国の文在寅大統領は10日、ソウルの大統領府で年頭記者会見を開き、いわゆる「元徴用工」訴訟で、韓国政府は司法判断を尊重しなければならないと表明。「日本の政治指導者が政治的な争点とし、問題を拡散させているのは賢明ではない」と日本批判を展開した。

 請求権問題は1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決」していることから、日本政府は韓国側に政府間協議を要請した。

 文氏は会見で「対応には時間がかかる」と日本側の要求を拒否。「過去の不幸な歴史のために生じた問題で、韓国政府が起こした問題ではない」と強調した。

 「韓国政府が司法判断を尊重すべきなのはやむを得ないとの認識を持つべきだ」「もう少し謙虚な立場を持たねばならない」と日本政府を批判。一方で、問題解決へ日韓が知恵を合わせるべきだとも主張した。

 菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で、韓国政府に要請した協議に関し、現時点で回答は来ていないと明らかにした。

関連ニュース