記事詳細

ドイツもファーウェイ排除へ 独紙報道

 ドイツ経済紙ハンデルスブラットは、ドイツ政府が高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムの国内インフラ整備にあたり、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の参入を排除する方策を検討していると報じた。同社製品をめぐっては、米国が機密情報漏洩の懸念から政府調達を禁止。同盟国にも同様の措置を求めている。

 同紙によると、独政府は5G整備に伴うセキュリティーの条件を厳しくすることで華為が入札に参加できなくすることを検討。この方法でも排除できない場合、通信関連法改正で対応する可能性があるという。

 ファーウェイのジョン・サフォーク上級副社長が17日、広東省東莞市で日本メディアと記者会見し「(中国政府から)製品に何かを組み込むよう指示を受けたことはない」と語り、中国政府のスパイ活動に関与しているとの疑惑を否定した。

 サフォーク氏は、仮に中国政府に不適切な情報提供を求められても、ファーウェイは応じないとし「やっていないことを証明するのは難しい」と述べた。