記事詳細

日露首脳会談、平和条約前進で一致 プーチン氏「領土問題の解決可能」

 安倍晋三首相は22日午後(日本時間同日夜)、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とモスクワのクレムリンで会談した。平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を日本に引き渡すと明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎とした平和条約締結交渉をめぐり、2月に予定される日露外相会談などで交渉を前進させることを確認した。

 両首脳は会談後、共同記者発表に臨み、安倍首相は北方領土問題を含む平和条約締結交渉について、「じっくりと時間をかけ胸襟を開いて話し合った」と強調。「解決は容易ではないが、やり遂げなければならない。両国民が相互に受け入れ可能な解決のためリーダーシップを発揮する決意を確認した」と述べた。

 プーチン氏も「会談は非常に建設的だった」と述べ、平和条約については「締結を目指す」と明言。領土問題などについて「解決は可能だ」と強調した。