記事詳細

横須賀・老人ホーム殺害事件 死亡女性口座から125万円窃盗 逮捕職員「借金あった」

 神奈川県横須賀市の老人ホームで殺害された菅谷伊津子さん(89)の口座から現金を引き出したとして逮捕された施設職員の介護福祉士、田村真樹容疑者(31)が「借金があった」と供述していることが26日、捜査関係者への取材で分かった。県警は同日、田村容疑者を窃盗容疑で送検。

 捜査関係者によると、菅谷さんの口座からは昨年12月下旬から今年1月中旬の間に計約125万円が引き出されていた。県警は借金返済のために盗んだとみて調べる。

 菅谷さんから現金引き出し被害の相談を受けた横須賀署は23日午後、老人ホームで話を聞いた。菅谷さんは24日朝、3階個室で心肺停止の状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。

 県警は24日深夜、菅谷さんのキャッシュカードで現金自動預払機(ATM)から15万円を引き出した疑いで田村容疑者を逮捕。殺人事件との関連の有無について慎重に捜査している。

 県警は25日、司法解剖で死因が首を圧迫されたことによる窒息と判明したことから殺人容疑で捜査を始めた。