記事詳細

山梨県知事選 自公推薦・長崎幸太郎氏が現職・後藤斎氏を破る

 任期満了に伴う山梨県知事選は27日投開票され、無所属の新人で元衆院議員の長崎幸太郎氏(50)=自民、公明推薦=が、現職の後藤斎(ひとし)氏(61)=立民、国民推薦=ら無所属3人を破り、初当選した。4月の統一地方選と衆院補欠選、夏の参院選を控える「選挙イヤー」の初戦となった同県知事選は、与党が野党との対決を制した。

 自民党の甘利明選対委員長は27日夜、「自民党の中が固まり、自民党と公明党が寸分の狂いなく結束するとこれだけ大きな力になる」と記者団に語った。立憲民主党の長妻昭選対委員長は「県民の皆さんのご支援に心から感謝するとともに、惜敗の結果に心からお詫びを申し上げる」との談話を発表した。