記事詳細

厚労省、監察委調査を“全面やり直し” 7割「身内だけ」で聴取

 毎月勤労統計の不正問題で厚生労働省は29日、外部有識者でつくる特別監察委員会の調査を全面的にやり直す方針を決めた。これまで部局長級、課長級計20人の聴取は外部委員が担当したと説明していたが約半数の8人は身内の同省職員のみで実施したと訂正。前身の監察チームを含め、課長補佐級以下を合わせた対象37人のうち7割近い25人が身内のみの聴取で、抜本的な再調査が必要と判断した。

 参院は29日午後の本会議で、安倍晋三首相と全閣僚が出席して2017年度決算を審議した。28日に召集された通常国会での論戦がスタート。与野党が統計の不正調査について見解をただした。

 根本匠厚労相は25日に職員らの再聴取を表明した際、監察委の報告書自体は適正だとの立場を維持し、聴取は「報告書のさらなる補強だ」と述べていた。

関連ニュース