記事詳細

【永田町美人秘書】“愛の逃避行”失敗したは女性秘書は…相変わらず“女王様”

 野党幹部のA議員に気に入られて、まるで女王様のように振る舞っている女性秘書のB女史。しかし、彼女にはA事務所を逃げ出そうとした「前科」があるらしい。

 B女史が移籍しようとしていたのは、与党で独身のC議員の事務所。C議員は、顔と頭脳に対する“自己評価”が非常に高いことで有名で、地元では「選挙の都度、手伝う恋人が変わる」という噂もある。つまり、女性を惑わせて、タダ働きさせてきたわけだ。

 男女関係におけるC議員の達人ぶりはさておき、B女史がメロメロになったのは事実という。

 しかし、いち早くA議員に勘づかれて、B女史の移籍の話はパーになった。野党幹部が、党内情報に通じたやり手の女性秘書を与党議員に引き抜かれては、格好がつかない。さすがC議員のような“自己申告”ではなく、誰からも「頭がいい」と評価されているA議員らしい、問題処理だったという。

 ということで、B女史は相変わらずA事務所で一番偉そうにしている。

関連ニュース