記事詳細

統計不正問題、安倍首相「監察委員会の独立性強化を進める」 野党は「お手盛り」批判

 安倍晋三首相の施政方針演説など政府4演説に対する各党の代表質問が31日午前、参院本会議で行われた。首相は厚生労働省による毎月勤労統計の不正問題を再調査する「特別監察委員会」について「さらに独立性を強め、厳正に検証を進めてもらう」と述べた。国民民主党の榛葉賀津也参院幹事長は「やらせとも言えるお手盛り調査だ」と批判し、第三者による調査の必要性を訴えた。

 首相は「批判は真摯に受け止める。二度と生じないよう徹底して検証し、信頼を取り戻すことが何より重要だ」と述べた。

 榛葉氏は「統計不正で本当は国民所得が増えていないとの疑念がある」と指摘し、消費税増税を実施するか質問。首相は「所得環境は着実に改善している」とし、増税方針に変更はないと重ねて強調した。