記事詳細

『TikTok』など中国発アプリに重大リスク!? 米シンクタンクが報告書を発表 「ユーザーデータが合法的に中国へ…」 (1/2ページ)

 女子中高生らに大ヒット中の動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」など中国発のアプリをめぐり、米シンクタンクが「重大な安全保障上の問題を引き起こしている」と警告する報告書を発表した。

 ティックトックは、中国のメディア企業「ByteDance(バイトダンス)」が運営する短編動画共有アプリで、自分で撮影した15秒までの短い動画に映像加工を加えたり、音楽を添えたりして手軽にユニークな動画を投稿できる。日本では2017年10月からサービスが始まり、ユーチューバーなどネット上の有名人らの投稿をきっかけに、女子中高生ら若者の支持を集めた。

 こうした中国アプリの人気が「西側に新たなリスクをもたらしている」とする報告書を発表したのは、米シンクタンク「ピーターソン国際経済研究所」。

 同研究所は1981年にニクソン政権時代に商務長官を務めたピーター・ピーターソン氏が創設。現在は経済学者でイングランド銀行(中央銀行)金融政策委員会元委員のアダム・ポーゼン氏が所長を務めている。

 報告書は客員研究員のクラウディア・ビアンコッティ氏名義で発表されたもので、中国のアプリが収集するユーザー情報が「中国に送信されれば、政府から容易にアクセスされ、監視ソフトウェアを作るために利用される可能性がある」とし、「米国や欧州連合(EU)当局はこれらのリスクに十分な注意を払っていない」と警鐘を鳴らしている。

関連ニュース