記事詳細

トランプ氏、米中首脳会談へ「大きな進展があった」

 米中両政府は1月31日、ワシントンで2日間の閣僚級貿易協議を終えた。ドナルド・トランプ米大統領は「大きな進展があった」と評価し、中国の習近平国家主席と再び会談し、最終的な合意を目指して話し合う考えを示した。米中はなお隔たりが残っており、3月1日の期限まで詰めの協議を続ける。

 米ホワイトハウスは声明で、貿易協議で知的財産権保護や技術移転の強要、貿易不均衡、人民元相場について議論したと発表した。合意事項を必ず実行に移すことで一致し、中国が米国の農産品や工業製品の大量購入についても話し合ったと説明した。

 米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は31日、中国側が2月下旬に予定されている米朝首脳会談後に、中国南部の海南省で米中首脳会談を開くことを提案したと報じた。(共同)