記事詳細

「韓国は泥棒でウソつきだ!」自民・山本朋広国防部会長ブチ切れ 出席者からも賛同の声 (1/2ページ)

 韓国海軍駆逐艦による、海上自衛隊哨戒機への危険なレーダー照射問題をめぐり、自民党は1月31日、国防部会・安全保障調査会合同会議を開いた。山本朋広国防部会長は冒頭のあいさつで、「韓国は泥棒で、ウソつきだ!」などとブチ切れ、賛同の声が上がった。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の異常な「反日」暴走に、怒りが収まらないようだ。

 注目の合同会議、山本氏はこう話し出した。

 「韓国には『レーダー照射問題で、これ以上、ウソをつかない方がいい』と、国際社会の一員としても忠告申し上げておく。自らを貶めるだけだ!」

 一連の問題について、日本は米国をはじめ同盟・友好国に説明し、理解を得ている。出席者から「そうだ!」などと声がかかるなか、ことわざの「ウソつきは泥棒の始まり」を持ち出した。

 長崎県・対馬で2012年、韓国人窃盗団によって重要文化財の仏像2体が盗まれ、韓国に持ち込まれた。日本側が返還を求めても、常識が通じない韓国側は応じない。山本氏は言った。

 「泥棒が(レーダー照射問題でも)ウソもついており、目も当てられない。(海自哨戒機が)低空威嚇飛行したなど、あり得ないことをいう韓国政府の主張は、愚かしいにも限度がある!」

関連ニュース