記事詳細

広瀬容疑者に金銭トラブルか 女子大生遺棄事件

 東京都葛飾区の日本薬科大1年、菊池捺未(なつみ)さん=当時(18)=の遺体が見つかった事件で、茨城県神栖(かみす)市の無職、広瀬晃一容疑者(35)=死体遺棄容疑で逮捕、顔写真=との金銭トラブルが浮上した。広瀬容疑者は以前の勤務先でも金に困った様子を見せていた。

 広瀬容疑者は昨年11月20日ごろ、菊池さんに目隠しさせて車に乗せ、自宅アパートに連れ込んだ後、数キロ先の畑に置き去りにした。菊池さんは徒歩で戻り、近くの女性に「お金の問題がある」と話した。その後、広瀬容疑者が再び車に乗せ、事件が起きた。

 2人はネット掲示板で知り合ったとみられ、オンラインゲームなどを通じて金銭トラブルが生じた可能性もある。

 鹿嶋市の建設会社社長によると、広瀬容疑者は昨年6月ごろ、飛び込みで「仕事をさせてほしい」と頼み込み、作業員として働いていた。「金に困っている」と給料から1万~2万円前借りすることも数回あった。

 広瀬容疑者が小中学校時代を過ごした土浦市内の男性は「不登校で、どんな人物かほとんど分からなかった」と振り返る。中学の同級生には、2008年に9人殺傷事件を起こした金川真大元死刑囚もいたという。