記事詳細

厚労省、「賃金構造基本統計」で隠蔽認める

 厚生労働省による統計不正問題は底無し沼の様相を見せてきた。厚労省が1日夜、「毎月勤労統計」に続いて新たに不正が表面化した「賃金構造基本統計」をめぐり「不適切な調査実態があった」と把握しながらも、隠蔽していたことを認めたのだ。

 厚労省は、1月に総務省から国の統計について一斉点検するよう指示を受けた際、担当室長が本来の調査計画とは異なり、郵送で調査票を配布・回収していたのは「不正だった」と認識しながらも、意図的に総務省に報告していなかった。

 厚労省は「隠蔽の意図は否定できない」(山田雅彦審議官)と説明した。不正は少なくとも2006年から行われていた。

 同統計は国の基幹統計の1つで、雇用形態別の賃金などを調査する。