記事詳細

韓国スマホ“地獄”サムスン、LG業績不振で…「元徴用工」訴訟で日本から2兆円!? 「法理無視の『タカリビジネス』許すな」識者が警鐘 (3/3ページ)

 輸出も厳しく、国内雇用も低迷という八方塞がりの状況で、文政権はどう動くのか。

 前出の松木氏は「懸念されるのは、いわゆる『元徴用工』の訴訟だ。韓国政府が認定した『強制徴用被害者』は20万人以上いる。新日鉄住金に対して韓国最高裁は原告一人あたり、約1000万円の賠償を命じており、原告や遺族が裁判を起こして勝てば、2兆円以上が韓国に入ってくることになる。昔のことを持ち出して日本から搾り取る『タカリビジネス』だ。文大統領からすれば、日本に高飛車に出て支持率が上がって、金も入ってくるのだから、こんないいことはない」と警鐘を鳴らす。

 文政権の誕生以来、韓国は異常な「反日」に奔走しており、今後も何をしてくるか分からない。日本は警戒を強めるとともに、韓国に対する制裁を本格的に検討すべきかもしれない。

関連ニュース