記事詳細

千葉小4女児死亡事件 母が動向監視→LINEで父に報告 児童相談所は嘘の手紙で自宅に戻す

 父も母も、行政も味方ではなかった。千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が浴室で死亡し、傷害容疑で両親が逮捕された事件で、母のなぎさ容疑者(31)が心愛さんを外出させずに動向を監視、LINE(ライン)で父の勇一郎容疑者(41)に報告していたことが分かった。

 なぎさ容疑者は勇一郎容疑者から、心愛さんを「外に出すな」と命じられ、1カ月ほど外出させていなかったと供述。勇一郎容疑者の不在時にはLINEで心愛さんの様子を報告していた。心愛さんは今年に入って一度も登校していなかった。

 県警は、勇一郎容疑者が、なぎさ容疑者に監視させていた疑いもあるとみて、詳しい経緯やLINEのやりとりを調べている。勇一郎容疑者は調べに「事件当日は午前10時から休ませずに立たせた。しつけのつもりで、悪いと思っていない」と話している。

 なぎさ容疑者は「娘がたたかれていたことは知っていた」とも供述しているが、児相は手を打てなかった。昨年2月下旬には、「お父さんに叩かれたというのは嘘です。ずっと前から早く4人で暮らしたいと思っていました。児童相談所の人にはもう会いたくないので、来ないでください」という書面を勇一郎容疑者から提示された。

 児相はその2日後、心愛さんが自らの意志で書いた書面かどうかを確認しないまま、自宅へ戻す決定を下した。3月中旬には学校での児相職員と心愛さんとの面会で、書面は父親に書かされたものだと告白を受けていたにも関わらず、「お父さんとお母さんに早く会いたい。一緒に暮らしたいと思っていたのは本当のこと」と話したことから、一時保護などは検討しなかった。その後も学校での見守りで十分だと判断し、自宅への訪問などは行わなかった。

 誰も心愛さんに手を差し伸べることができなかった。

関連ニュース