記事詳細

野田小4女児死亡、父を再逮捕 心愛さん骨折させた疑い

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡し、傷害容疑で両親が逮捕された事件で、県警は14日、昨年末ごろにも心愛さんに暴行してけがをさせたとして、同容疑で父の勇一郎容疑者(41)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、昨年12月30日ごろから今年1月3日ごろまでの間、心愛さんの顔を浴室の床に打ち付けたり、胸や顔を圧迫したりする暴行を加え、骨折などのけがを負わせた疑い。県警は認否を明らかにしていない。

 母のなぎさ容疑者(32)は「娘に暴行をしたのは知っていた」と供述しており、関与の度合いを慎重に捜査する。

 千葉地検松戸支部は、勇一郎容疑者の勾留期限の14日、1月24日の傷害容疑を処分保留とした。