記事詳細

中国政府主導で医薬品増産、コスト優先で安全性疎かに (1/2ページ)

 中国の旧正月「春節」の大型連休は2月4日から10日までで、日本の繁華街や観光地も大いに賑わいを見せた。中国人観光客の故郷へのお土産といえば、「日本の医薬品」が人気だ。実際、春節中は日本のドラッグストアで市販薬が爆買いされた。

 「中国人は、中国産の医薬品の安全性や効果を疑っています。中国国内には偽造薬が多く出回り、“国産薬をのんで体調を崩した”といったトラブルは後を絶ちません。だから、旅行先で安全な医薬品を買いだめして帰国するんです」(中国情勢に詳しいジャーナリストの奥窪優木さん)

 ところが、その安全なはずの日本の医薬品に、まさか「中国産」が交ざっているとしたら--。

 製薬業界のトップブランド「ファイザー」日本法人の主力商品で2月8日、深刻な事態が発覚した。高血圧症治療剤「アムバロ配合錠『ファイザー』」の原薬(医薬品の成分)に発がん性物質が混入しており、服用すると重い健康被害が出る恐れがあることが判明し、76万4000錠の自主回収が発表された。

 発覚のきっかけは、昨年7月、日本の製薬会社「あすか製薬」の高血圧症治療剤「バルサルタン錠『AA』」に発がん性物質の混入が見つかったことだ。

 「問題の降圧剤には、中国の医薬品メーカー『華海薬業』が製造した原薬が使われていました。昨年8月には中国の製薬会社『浙江天宇薬業』の降圧剤でも発がん性物質の混入が明らかになり回収されました。事態を重く見た日本の厚労省が各製薬会社に注意をうながしたところ、今回、ファイザーでも発覚したわけです」(製薬メーカー関係者)

NEWSポストセブン

関連ニュース