記事詳細

日本国内でも反日デモ!? “3・1韓国暴挙”に河野外相が重大警告 天皇陛下への非礼発言にも韓国外相は“無視” (1/3ページ)

 河野太郎外相は15日午前(日本時間同日午後)、訪問先のドイツ・ミュンヘンで韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と会談した。いわゆる「元徴用工」の異常判決や、韓国国会議長による「天皇陛下への謝罪要求」など、常軌を逸した「反日」行動を連発する韓国側に強く対応を求めた。康氏は明確な回答をせず、日韓関係の危機的現状を放置する姿勢を示した。来月1日には日本統治に抵抗した「三・一独立運動」の100周年を迎える。河野氏は、韓国内の狂乱状態が過激化することにも「重大警告」を発した。

 完全な「ゼロ回答」だった。文在寅(ムン・ジェイン)大統領率いる現在の韓国が「敵性国家」であることが明確になった。

 注目の外相会談で、河野氏はまず、韓国最高裁が新日鉄住金に損害賠償を命じた、いわゆる「元徴用工」の異常判決をめぐり、1965年の日韓請求権・経済協力協定に基づく2国間協議に応じるよう、「早く結論を出してほしい」と督促した。だが、康氏は「綿密に検討する」とだけ語り、具体的な対応を示さなかった。

 さらに、韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長が、米メディアのインタビューで、慰安婦問題について「天皇陛下の謝罪」を要求したうえ、陛下を「戦争犯罪の主犯(=昭和天皇)の息子」と評する、次元の超えた「非礼発言」をしたことにも、河野氏は重ねて「謝罪と撤回」を求めた。何と、康氏は特段の反応を示さなかったという。

関連ニュース