記事詳細

「盗っ人猛々しい…」韓国・文議長がまた“暴言” 河野氏は「無法国家の非」に強く抗議せよ (1/2ページ)

 韓国の異常暴走が続いている。ドイツでの日韓外相会談(15日)で、河野太郎外相による申し入れに、康京和(カン・ギョンファ)外相がゼロ回答だっただけでなく、韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長による常軌を逸した「天皇陛下への謝罪要求」に、韓国側は「日本からは何も抗議はなかった」などと会談内容をねじ曲げているのだ。韓国メディアは18日、文議長の許しがたい暴言を再び報じた。

 「謝罪すべき側がせず、私に謝罪を求めているのは盗っ人猛々しい」「(謝罪すべきは)現職の首相が1番目で、2番目が天皇になる」

 複数の韓国メディアは18日、文議長のこうしたインタビューを報じた。慰安婦問題をめぐる、文議長の暴言について、日本側は「謝罪と撤回」を求めているが、再び日韓合意を無視し、わが国の皇室を貶めたことになる。

 文議長は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使も務めた人物であり、韓国側の対応は「確信犯」というしかない。

 菅義偉官房長官は同日午前の記者会見で、「先般の国会議長の発言は甚だ不適切で、その後も不適切な発言を繰り返しており、極めて遺憾だ」「(謝罪と撤回を求める)わが国の厳しい立場は一貫している」と強く非難した。

関連ニュース