記事詳細

【永田町・霞が関インサイド】「演説評価」でトランプ大統領の支持率上昇! 米国の「社会主義的風潮」に警鐘も (1/2ページ)

 何事にも「ハチャメチャ」というイメージが付きまとうドナルド・トランプ米大統領だが、何と支持率は上昇している。

 米政治サイト「リアル・クリア・ポリティクス」の最新調査(米国東部標準時間13日)によると、大統領支持率が政府機関閉鎖中に底値だった40・9%から43・6%に急上昇した。

 明らかに、5日の大統領一般教書演説が好感されたのだ。

 その中で、トランプ大統領は自ら示した超党派協力・融和路線に対し、ナンシー・ペロシ下院議長(民主党)が反発したことを、「米国は社会主義と呼ぶべき風潮にさらされている」と警鐘を鳴らした。

 政府機関閉鎖問題についての民主党のかたくな姿勢を衝いたのである。トランプ政権に批判的なCNNテレビまでが、大統領の政府機関閉鎖解除の決定を評価したほどだった。

 さらに、米三大ネットワークのCBSが実施した世論調査では、何と76%が「演説を評価する」と回答し、中でも民主党員の3割以上が「評価する」と答えている。

 演説の原文には「New calls to adopt socialism」とある。

 このフレーズは、昨年の中間選挙で、史上最年少下院議員として彗星(すいせい)のごとく登場した29歳のアレクサンドリア・オカシオ・コルテス女史(民主党・ニューヨーク第14区選挙区)の存在と無縁ではない。

 問題は、今やオカシオ・コルテス氏ら「プログレッシブ」(進歩派)が民主党を掌握しつつあることである。

関連ニュース