記事詳細

レオパレス物件“投げ売り”続々…不動産投資サイトに「格安」で 施工不良問題拡大に買い手つく? (1/2ページ)

 大規模な施工不良問題が尾を引く賃貸アパート大手のレオパレス21で、同社ブランドの物件が、不動産投資サイトで、「格安物件」として次々と売りに出されていることが分かった。専門家は「オーナーが投げ売りしているのではないか」と指摘する。

 不動産投資物件検索サイトで、「レオパレス」とフリーワード検索すると50件以上の関連物件がヒットする。うち10件以上は、同社が1324棟の物件で壁や天井などに施工不良が見つかったと記者会見した今月7日以降、新たに掲載された物件だ。

 築年数10年程度の2階建て、部屋数6の物件には、販売価格が5000万円台半ば。入居率100%と想定し、物件購入価格から年間収入を割った利回りは、6%台となっている。

 築12年程度の2階建て、部屋数16の物件は、販売価格1億円弱で、利回りは7%台。築年数30年程度の2階建て、部屋数20の物件には2億円弱の値が付けられている。利回りは2%台だ。

 利回りにばらつきはあるが、総じて7%程度のものが多いようだ。

関連ニュース