記事詳細

【スクープ最前線】Xデー「三・一」元韓国軍首脳ら、ついに文大統領に“決起”か!? 過度な「従北・離米」姿勢に反発強まる (1/3ページ)

 ドナルド・トランプ大統領と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による2度目の米朝首脳会談が27、28日、ベトナムの首都ハノイで開催される。朝鮮半島の非核化や平和構築が注目されているが、実は水面下で“動乱の兆し”があるという。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領による過度な「従北・離米」姿勢に韓国軍OBらが反発しているうえ、北朝鮮でも金王朝の「独裁継続」への抵抗が見られるのだ。わが国は安全保障環境の激変に備えているのか。ジャーナリストの加賀孝英氏が最新情勢に迫った。

 「来月1日は、日本統治に抵抗した『三・一独立運動』の100周年だ。文大統領は、正恩氏と結託して、南北一体の『大規模な反日運動』を計画している。日本の左派勢力も巻き込んで、安倍晋三首相を罵倒し、日本を激しく攻撃するつもりだ。だが、その裏で驚愕情報がある。文大統領を引きずり下ろす『クーデターの動き』がある」

 米情報当局関係者はそう語った。

 ふざけるな! いわゆる「元徴用工」の異常判決や、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制用レーダー照射、韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長による「天皇陛下への謝罪要求」など、常軌を逸した「反日」行動を連発する韓国が、どの顔下げて、安倍首相とわが日本を罵倒・攻撃するのか。恥を知れ。

 問題は「クーデターの動き」だ。

 朝鮮日報(日本語版)は12日、《三・一節:文政権の安保政策に批判的な予備役将官数百人、大規模集会を計画》という記事を掲載した。

 元国防相や元海軍参謀総長など9人が共同代表を務める「大韓民国守護予備役将星団」(将星団)が先月発足し、元将官ら約500人が加入した。同団の関係者は、「三・一独立運動」の記念日にソウル都心で、文大統領を批判する「大規模集会を開く案を検討」というものだ。

関連ニュース