記事詳細

【桂春蝶の蝶々発止。】人間に「愛の質量」があるとすれば… 「日本国の聖域」貶める韓国・文議長の暴言は許せない! (1/2ページ)

 日韓間の…というか、もはや韓国だけの問題といえる慰安婦問題。さまざまなことがありました。何度も謝罪を繰り返すも、反故(ほご)にされる理不尽な歴史を、日本人はずっと耐え忍んできました。

 しかし、韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長による発言は、「日本国の聖域」を貶める、許してはならない言葉ではないでしょうか?

 文議長はまず、米メディアのインタビューで、天皇陛下を「戦争犯罪の主犯の息子」といい、「そういう人物が(元慰安婦の)おばあさんの手を握り、『本当に申し訳なかった』と言えば、その一言で問題は解決する」と語ったのです。

 この発言をめぐる日本の反発を受け、文議長は「謝罪すべき側がせず、私に謝罪を求めているのは盗っ人猛々しい」とさらに批判し、「(日本が)ひざまずく姿勢(=土下座)まで見せるなら、なお良い」と言い放ったそうです。

 韓国のネットユーザーは「文議長の発言に100%同意する」「日本は被害者が納得できる謝罪をしていない」「日本政府は1日も早く、被害者に謝罪と法的賠償をすべきだ」などと賛同する声が数多くあるそうです。

 韓国の庶民の文句は無視してもいいが、韓国の「三権の長」である、このおっさんの発言は決して許されません。

関連ニュース