記事詳細

【親も知らない今どき入試】国公立大志願者数ランク 21年から入試が変わる不安から安全志向強まる (1/2ページ)

 来週の月曜日から国公立大の前期試験が始まる。そこで、今週は今年の国公立大志願者数ランクを紹介したい。

 文科省の発表によると、今年の国公立大志願者数(2月6日現在)は44万2378人。昨年同時期と比べて0・6%減で昨年並みに落ち着いた。大手予備校などによると、5教科7科目の平均点は文系、理系とも10点以上アップしている。受験生は強気に出願してもいいはずだが、志願者は伸びなかった。代々木ゼミナール教育総合研究所主幹研究員の坂口幸世氏は「2015年から、まず数学と理科が新課程に替わり、それによってセンター試験に基礎理科の科目が加わり、負担が大きくなってから国立大は徐々に志願者が減っています。今年の入試では国立大が減って、公立大は増えていますが、入りやすい公立大が狙われて志願者が増えたのではないでしょうか」という。国立大の2%減に対して、公立大は2・7%増だ。今年から公立小松大、公立諏訪東京理科大がセンター試験に参加して、募集枠は広がったこともあるとみられる。

関連ニュース