記事詳細

【高橋洋一 日本の解き方】対中輸出“鈍化”が示す経済減速…関係深い韓国企業にも悪影響 低迷打破のカギ握る景気対策は (1/2ページ)

 日本などアジア各国から中国向けの輸出が減速していると報じられている。中国経済の減速や米中貿易戦争の影響が指摘されているが、中国や取引先の国への影響は続くのか。

 中国の国内総生産(GDP)統計が当てにならないのはいまや常識といえるが、統計のなかで輸出入統計はある程度信頼できる。というのは、中国以外の国の中国からの輸出入を合算すれば、中国の輸出入も分かるからだ。

 中国税関総署が2月14日に発表した1月の貿易統計によると、ドル建て輸出は前年同月比9・1%増、輸入は同1・5%減だった。

 昨年12月の同統計は輸出が4・4%減、輸入が7・6%減だった。市場では1月はさらに悪化すると予想していたが、実際の数字はそれを上回った。

 ただし、1、2月の統計値は旧正月の影響を考慮しなければいけない。昨年の旧正月の休暇は2月中旬に始まったが、今年は2月4日だ。このため、1月の貿易取引には駆け込みの影響があったかもしれない。

 多くのエコノミストの意見も、1月の貿易統計の数字だけで、中国が回復したとはみていないというものだ。数字そのものをみれば中国経済の景気減速は明らかだ。ちなみに、昨年10月、11月の輸出の前年同月比は15・6%増、5・4%増。輸入はそれぞれ21・4%増、3%増で、急激に減速している。

関連ニュース