記事詳細

小池都知事、支離滅裂 「築地は市場整備しない」

 東京都の小池百合子知事は26日の都議会定例会本会議で、旧築地市場(中央区)の跡地について、「豊洲市場(江東区)との近接性を考えれば、築地に改めて卸売市場を整備することはない」と述べた。小池氏は「築地は守る、豊洲は生かす」「(旧築地市場は)食のテーマパーク機能を有する新たな市場にする」と語っていたが、ウソだったのか。

 都は先月、旧築地市場について、国際会議場を中核とする再開発方針案を公表した。

 これに対し、自民党の吉原修幹事長は、小池氏の一連の発言を指摘し、「知事は都民や市場業者との約束を反故(ほご)にした」「方針変更の有無を説明すべきだ」と求めた。

 小池氏は「都が卸売市場として運営するのは豊洲。築地が培ってきたものをしっかり生かすとの思いで『築地は守る』と述べた」とし、方向性は変わっていないとの認識を示したが、都民は納得できないだろう。

関連ニュース