記事詳細

菅官房長官VS東京記者バトルに立民・辻元氏参戦の疑問

 菅義偉官房長官が記者会見で、東京新聞の望月衣塑子記者の質問に回答を拒んだことが波紋を呼んでいる。菅氏が後日、発言を修正しない考えを示すと、野党から批判の声が上がった。菅氏に異議を唱えた中には、「外国人献金」問題を引きずる立憲民主党の辻元清美国対委員長もいた。

 26日の定例会見、望月記者が「会見は一体何のための場と思うか?」と質問すると、菅氏は「あなたに答える必要はない」と拒んだ。

 翌日の会見で、菅氏は発言の趣旨について、「これまで累次にわたり、『記者会見は政府の見解を答える場だ』と述べてきた。あえて繰り返さない」と語った。

 この対応に、野党幹部らが反発した。

 辻元氏は国会内で記者団に「菅氏は記者に圧力をかけ、誠実に答えない。官房長官として失格だ」と批判し、国民民主党の玉木雄一郎代表も記者会見で、菅氏の対応について「説明責任を果たす人間は丁寧に答えることが大事だ」と語った。

 説明責任は重要だ。

 夕刊フジでは、辻元氏の「外国人献金」に関し、一部の献金を「後援会会費」に付け替えたことへの質問状を送っている。辻元氏の「誠実」な回答を待ちたい。

関連ニュース