記事詳細

【国難突破】“軸”を持たぬ韓国は自滅する? 米朝会談が不発に終わった途端…文氏は日本へ「配慮」発言 (1/2ページ)

★(1)

 激しい「反日」が吹き荒れるとの情報も流れた、韓国の「三・一運動」100周年(1日)だが、「反日」どころか、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、お印ばかりとはいえ、日本との「協力」や「未来志向の友好」を語ってみせた。

 ベトナムの首都ハノイでの米朝首脳会談で、米国の劇的な譲歩があれば、自分の手柄にして「南北統一」をうたいあげ、日本非難を展開するつもりだったのが、大きく当てが外れたという所であろう。

 韓国の日本に対する最近の傍若無人ぶりは度外れていた。

 最高裁判決で、国際法違反といえる日本企業へ賠償を命じた、いわゆる「元徴用工」問題。不測の軍事衝突を招きかねない行動を取りながら、韓国政府が主張を二転三転させたレーダー照射事件。韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長が、天皇陛下を「戦争犯罪の主犯の息子」と言い放ち、「慰安婦問題の解決には天皇の謝罪が必要」と発言したことなど、いずれも一線を踏み越えたものばかりだった。

 日米、米韓という軍事同盟によって、北朝鮮や中国から38度線を守るという、朝鮮戦争以後の安全保障の枠組みそのものを、自ら壊そうとしていると考えざるを得ないほどの外交的非礼、非常識の数々だ。

 そもそも、文政権は、「保守親米・反中政権」であった朴槿恵(パク・クネ)大統領が、米軍の最新鋭迎撃システム「THAAD(高高度防衛ミサイル)」の配備、北朝鮮主導の労働運動の取り締まり強化など、「反北・反中政策」を展開した結果、失脚した後を受けた「親北政権」である。

関連ニュース