記事詳細

【編集局から】藤井聡太七段、ヤクルトナインも御用達「みろく庵」 3月いっぱいで閉店に

 将棋の藤井聡太七段(16)が“勝負飯”として注文していたことで有名になった、東京・千駄ヶ谷駅近くのそば店「みろく庵」が今月いっぱいで閉店することになりました。

 以前にも報じましたが、この店はプロ野球のヤクルトナインも御用達で、神宮球場での試合日、投手だけの練習日や、自主トレ期間中に出前を注文。記者も何度か足を運んだものです。

 2008年まで5年間在籍したディッキー・ゴンザレス投手は「『こんなうまいものは食べたことがない』といつもカツ丼を頼んで、フォークで食べていた」(球団関係者)そうで、味は世界レベルといっていいでしょう。

 ヤクルトは昨年、クラブハウスの食堂をリニューアル。常に食事を提供できるような環境が整ったため、このところは出前を頼む機会は減っていたそうです。

 しかし、閉店の報を聞いた首脳陣からは「最近食べていないから、久々に出前を頼みたくなったな」という声も。あと2週間ちょっとになってしまいましたが、駆け込みの注文が殺到しそうです。(運動部・塚沢健太郎)