記事詳細

第7回「赤ひげ大賞」5人表彰 安倍首相「国民の健康を確保」

 地域で献身的な医療活動に取り組む医師を顕彰する第7回「日本医師会 赤ひげ大賞」(主催・日本医師会、産経新聞社、特別協賛・太陽生命保険)の表彰式とレセプションが15日、東京都内で開かれた。来賓の安倍晋三首相は「国民の健康管理や患者の治療と生活の質の確保は、地域にいる赤ひげ先生でなければ解決できない」とたたえた。

 日本医師会の横倉義武会長は「献身的に医療活動に従事し、患者さんの信頼も厚い人ばかりだ」と受賞者を紹介。根本匠厚生労働相は「受賞者は地域医療を豊かに育んでこられたかけがえのない方々だ」と祝辞を述べ、産経新聞社の飯塚浩彦社長は「100歳時代を支えるのは地域に深く根ざした医療。今後も尽力をお願いしたい」と挨拶した。

 第7回受賞者は、大里祐一医師(秋田)、千場(ちば)純医師(神奈川)、堀川楊(よう)医師(新潟)、橋上(はしがみ)好郎医師(長野)、緒方俊一郎医師(熊本)の5人。