記事詳細

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】ドナルド・キーン先生ご逝去で考えた…日米同盟の「絆」と「心残り」 (1/2ページ)

 2月24日、日本文学と日本文化研究の第一人者である、米コロンビア大学名誉教授、ドナルド・キーン先生が亡くなられた。享年96。

 大学院で法律と経営学を学ぶ前、私は大学で「日本語と日本文学」および「アジア関係論」を専攻した。大学生の私は、キーン先生が書かれた日本文化に関する考察や、先生が翻訳された書籍のおかげで、日本に対する興味と理解、尊敬と愛情を一段と深められた。小説や戯曲だけでなく万葉集の和歌や松尾芭蕉の俳句など、困難な翻訳にも取り組まれたことが印象的だった。

 キーン先生に直接お会いできたのは一度きりだった。だが、私にとっては永遠の師匠であり恩人である。「日米の懸け橋」として活躍された、最も思い出深い先生のご逝去には喪失感が大きい。この場を借りて感謝の意を表すとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

 日米両国を表面的に比較すると、天皇陛下や皇室のご存在や歴史の長さ、言語や人種構成の違いだけでなく、宗教、文化、伝統、国民性など、共通点がほとんどない印象を受ける。そして、何より74年前の今ごろは、激しく戦う最大の敵同士だった。

 だが、日米両国には、「ウソや卑怯(ひきょう)な行動は恥」という共通の常識がある。富や名声を得るよりも、善良であることに価値観を感じる純粋さも残っている。

 近年、中華人民共和国(PRC)と韓国、北朝鮮の異常性が急加速した。今後の米国にとって、東アジアのパートナーは、日本と、「日本精神(リップンチェンシン)」が根付いた台湾だけである。

関連ニュース