記事詳細

【平沢勝栄 俺がやらねば】「早過ぎ」との声もあるが…「安倍4選可能性」発信は“対外的”に重要 (1/2ページ)

 昨年9月に安倍晋三自民党総裁(首相)が連続3選し、まだ半年だが、党内からは4選の声が出始めた。

 「早過ぎる」といった声もある。

 しかし、政権の任期が残り少なくなると、外国から相手にされなくなる可能性がある。

 「安倍政権は4選の可能性もある」とのメッセージを送っておくことは、特に、外交の上では極めて重要でないか。

 ところで、私は鳩山由紀夫政権時の2010年3月、山本一太参院議員とともに訪米し、カート・キャンベル国務次官補などと会談した。

 同次官補は私たちに会うなり、「次の首相は誰か」と聞いてきた。

 私が「多分、菅直人副総理だろう」と答えたところ、明らかに当惑の色を浮かべていた。

 今年の自民党大会で、安倍首相は「民主党政権時代は悪夢だった」と述べた。確かにこの時、日米関係は壊れ、東日本大震災の対応にも問題があった。

 しかし、この「悪夢」の政権は自民党の慢心の結果、誕生したことも忘れてはならない。

 2009年の総選挙で自民党は政権を失った。

 自民党の慢心が、「おいしい公約」を並べ立てた民主党を政権に押し上げたのである。

 最近は、この慢心が各省庁に及び始めている。

 財務省では、学校法人「森友学園」をめぐる文書改竄(かいざん)が、そして防衛省では陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報隠蔽問題が起こった。

関連ニュース