記事詳細

屋根から部屋に足跡が一直線 杉並保育士殺害

 東京都杉並区のアパート2階の一室で、保育士の照井津久美さん(32)が殺害された事件で、アパートの屋根の上で確認された足跡は、外廊下側から一直線に照井さん方のベランダに向かっていたことがわかった。照井さんは事件前日の夕方から勤務先の乳児院で夜勤に入っており、犯人は照井さんの行動を把握した上で留守を狙った可能性を視野に警視庁荻窪署捜査本部が捜査を進めている。

 犯人のものとみられる足跡は、屋根の上を照井さんの部屋に向かって対角線上に進み、ベランダの手すりからも足跡が見つかった。手すりに足をかけてベランダに下りたとみられる。