記事詳細

【赤化韓国】韓国経済「半導体」「自動車」つまずき崩壊へ一直線!? 物づくりは「奴隷の仕事」と蔑視する韓国社会 (1/2ページ)

★(3)

 韓国経済はどん底に向かっている。何よりGDP(国内総生産)比50%を占める輸出に赤信号がともった。重厚長大産業の世界市場を中国に奪われた後、韓国の輸出を辛うじて支えてきた半導体や自動車までがつまずいたのだ。

 半導体は世界的な需要低迷に加え、長江存儲科技(YMTC)など中国大手半導体メーカーの市場参入で韓国からの輸出が急減し、今年2月1日から20日までの輸出実績は前年比27%低下している。利益も大幅に縮小し、サムスン電子の今年の第一四半期の営業利益は前年同期比で60・4%も急減した。

 今後、中国政府は民間と共同で日本円で16兆円を上回る半導体投資ファンドを創設して新興メーカーを支援する方針であり、韓国の半導体メーカーはとどめを刺される恐れがある。

 韓国半導体ディスプレー技術学会の朴在勤(パク・ジェグン)会長は「半導体が崩れれば輸出の21%、韓国株式の4分の1(日本円で約44兆円)が消えてしまう」と語っており、半導体がなくなれば韓国経済への打撃は計り知れない。

 自動車業界も苦戦している。

 現代(ヒュンダイ)自動車は、最大市場の中国で高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD)配備の報復に直面して大幅に販売台数を減らし、昨年の営業利益は一昨年から半減した。販売減の穴はすでに中国メーカーが埋めており、失地回復は困難である。

関連ニュース