記事詳細

【緊迫する世界】会談は「実質2分」トランプ氏に見限られた文大統領 米は韓国の裏切り許さず…ポンペオ国務長官「いい加減にしろ」文氏を恫喝!? (1/2ページ)

★(1)

 ホワイトハウスで11日に行われた米韓首脳会談では、実質的な会談時間はわずか2分だった。ドナルド・トランプ大統領から、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が軽くあしらわれる様子が惨めであった。米国は、韓国を見捨てるのではないか。

 トランプ氏は3月末、ロシアゲート問題で、特別検察による追及から逃れた。これで朝鮮半島をめぐるフェーズも変わった。トランプ氏は、フリーハンドで北朝鮮と対峙(たいじ)できるようになった。

 ベトナムの首都ハノイで2月、米朝首脳会談が行われたときには、トランプ氏は窮地に立たされていた。昨年11月の中間選挙で敗北したうえ、ロシアゲート問題で米議会から弾劾裁判を受ける可能性すらあったのだ。

 そうなれば、大統領再選の芽がなくなってしまう。何としても、その矛先を外に向ける必要があった。「ハノイ会談で一発逆転」という思惑もあったに違いない。

 そこに目を付けたのが韓国だった。文氏は、北朝鮮と米国との間に立ち、2回目の米朝首脳会談をセットしたのである。

 しかし、ハノイ会談は決裂に終わった。北朝鮮に「完全非核化」の意思はなかった。トランプ氏は外交的得点を挙げられず、国内から非難された。次に米朝首脳会談をやって、何ら成果が挙がらない場合、大統領選挙の足かせとなる。それなら開催しない。

 文氏がどのような誘い水をかけようと、トランプ氏には3回目の米朝首脳会談を行うメリットはない。

 しかも、国際社会が「北朝鮮の完全非核化」のために経済制裁を科しているなか、韓国が北朝鮮支援を行っていることにも、トランプ政権はいらだちを隠せない。

関連ニュース