記事詳細

【緊迫する世界】自衛隊「宇宙部隊」創設へ 最高機密情報共有網「ファイブ・アイズ」に日本も参加? (1/3ページ)

★(4)

 ロンドン警視庁は11日、保釈中に裁判所に出廷しなかった疑いなどで、機密情報リークの専門サイトであるウィキリークスの創設者、ジュリアン・アサンジ容疑者(47)を逮捕した。

 アサンジ容疑者は、米議会の議員や、ヒラリー・クリントン国務長官(当時)など、要人の通信記録や情報をネット上にリークした。2016年米大統領選でのドナルド・トランプ氏の勝利に寄与したといわれる。

 トランプ大統領はせっかく「ロシアゲート」疑惑から解放されたのに、今後、どんな情報をリークされるか分からない。

 アサンジ容疑者を逮捕した英国は、米国やカナダ、オーストラリア、ニュージーランドとつくる、最高機密情報の共有網「ファイブ・アイズ」の1つである。「ファイブ・アイズ」にとっては、自分たちの秩序を乱すアサンジ容疑者は放置できない存在だったのだ。

 そのインテリジェンス・コミュニティーに、日本も参加する兆しが出てきた。

 アサンジ容疑者が逮捕された同時期、自衛隊がファイブ・アイズと協力して、宇宙状況の監視網を築くという記事が流れた。無論、対象国は中国である。

関連ニュース