記事詳細

【高橋洋一 日本の解き方】「令和の政治」占う大阪補欠選挙 消費増税“腰砕け”シナリオ…停滞する改憲論議にも影響 (1/2ページ)

 大阪ダブル選挙は大阪維新の会の圧勝だったが、次は参院選の前哨戦ともいわれる衆院大阪12区補欠選挙(大阪府寝屋川市、大東市、四條畷市)がある。

 候補者は、無所属前職の宮本岳志氏(59)=共産、自由推薦、維新の新人、藤田文武氏(38)、無所属元職の樽床伸二氏(59)、自民新人の北川晋平氏(32)=公明推薦の4氏。

 国政選挙であるため、目先は消費増税、その先には憲法改正に大きく影響する。

 死去した北川知克・元環境相の「弔い合戦」なので、おいの北川氏有利のはずだが、ある世論調査ではそうなっていない。大阪ダブル選での維新の勢いを反映しているのだが、消費増税の影響もあるかもしれない。

 政権与党の自民、公明は、今年10月から消費増税を予定しているので、消費増税賛成にならざるを得ない。しかし、維新は、国政では今年度予算に反対している。それは消費増税に反対だからだ。大阪12区衆院補選で維新が勝つと、自民は7月参院選を控えて消費増税では選挙を戦えないという声が高まり、腰砕けになるような感じがする。となると、安倍晋三政権は、消費増税を引っ込める可能性が出てくる。

 安倍政権では、これまで消費増税を2回スキップしている。最初は2014年12月の衆院解散・総選挙において、15年10月から予定されていた消費増税。2度目は16年5月の伊勢志摩サミットにおいて17年4月から予定されていた消費増税。過去2回のケースはともに、予算成立の前であった。

関連ニュース