記事詳細

“史上最低の宰相”鳩山由紀夫氏を北朝鮮が称賛 政治的に利用も!?

 北朝鮮が、鳩山由紀夫元首相が3月末、韓国ソウルでの講演で「特に日本は朝鮮半島の南北分断に大きな責任を有している」と発言したことを、高く評価しているという。北朝鮮は、米朝首脳会談の決裂で窮地に立たされている。同じく国際的に孤立化している韓国と同様、「史上最低の宰相」を取り込んで、政治的に利用しようとしているようだ。

 朝鮮労働党機関紙「労働新聞」(17日付)は論評で、鳩山氏の「分断責任発言」のほか、いわゆる「徴用工」や慰安婦の問題などについても日本が謝罪すべきだと表明したことを、「朝鮮民族に大きな不幸と苦痛を浴びせつつも、その責任を回避しようと躍起になっている日本当局に与える忠告だ」と指摘した。

 朝鮮半島の分断は、第2次世界大戦末期の米軍とソ連軍による分割占領が原因であり、さらに言うと、ソ連の対日参戦を欲して、米国や中国が朝鮮半島の北半分の占領を容認したことによって生じたとされる。日本に責任はない。

関連ニュース